メンテナンス

老朽化はメンテナンス次第

中古マンションの価値は、建築後の年数で一律に決まるわけではありません。適切なメンテナンスの有無で、大きく変わるのです。

この中古マンションは、同じころに建てられた他の中古マンションに比べて、かなりのスピードで老朽化が進んでいます。そもそも、中古マンションによっては、メンテナンスに必要な修繕積立金さえ、十分に積み立てられていないケースもあります。管理費が日常的に消費されていくものであるのに対して、修繕積立金は資産を守るための大切な資金です。築浅の物件でも、修繕積立金の徴収がいいかげんであれば、早い段階で価値が下がるのは目に見えています。

こうした、中古マンション所有者のメンテナンスに対する姿勢はしっかり確認しておかないと、後で泣くことになります。建物内部の管理状態や日常的な修繕の有無を知るには、何ページのような点を見るといいでしょう。

中古マンションを買うときには、目的の部屋の内部だけを見がちですが、共有部分がキレイかどうかで中古マンション全体の印象も変わってきます。住民や管理人の質もだいたいわかりますので、念入りにチェックしてください。

その意味では、モデルルームやパンフレットだけで判断しなければならない新築に比べて、実物が見られる中古マンションはやはり安心です。日常的な管理が適切になされていれば、よけいなストレスを抱えずにすみます。軽視してはいけません。