当事者意識

「当事者意識」がないと、管理会証の言いなりに

「管理組合」とは、中古マンションの維持や管理を行う住民の組織です。短期・長期の修繕計画を立てているのは、この管理組合です。最近の中古マンションの管理組合は、住人が部屋番号の順に役員になるという場合が大半です。「役員をやりたくてやっているわけではない」という人もいます。いや、そちらのほうが多いと言っても過言ではないでしょう。

この人たちには「当事者意識」がありません。関心がない、忙しい、できれば何もしたくない・・・。それが本音ですから、実質的には管理組合がほとんど機能していないことがよくあります。

そこで、管理会社の出番です。管理組合から管理を依頼されている管理会社が主導権を握って、提案したり議事進行したり、決算書類を作成したりするのです。

こうなると、管理組合は名前だけのものに成り下がってしまいます。

本来、管理組合は、住人から集めた管理費や修繕積立金を適正に使うために、管理会社を監視する役目を果たさなくてはなりません。管理会社に任せっきりにしていると、住人の意に反した形で浪費されてしまう恐れがあるからです。実際、私が所有するマンションでも、管理会社の使い込みが発覚し、大きな問題になったことがあります。

このようなケースは珍しくありませんので、しっかりと機能している管理組合から「契約解除」を言い渡される管理会社はたくさんあります。ずさんな仕事をしていた管理会社を追放し、自主管理に切り替えた中古マンションもあります。けれども、管理組合がいいかげんだと、管理会社にいいようにされていても、誰も気がつかないのです。

中古マンションを買うときには、住民の「自分たちの資産を守る」意識が高い物件を選ぶべきです。もちろん私たち自身も、当事者意識を持って積極的に中古マンション管理に取り組まねばなりません。中古マンションなら、管理組合はすでに存在しているので、活動内容を調べることもできます。このあたりの実態は、業者がよく知っていることが多いので、聞き忘れないようにしてください。