競争に勝てる不動産

不動産市場が活況期へと向かっています。消費税増税前の駆け込み需要もそれを後押ししています。さらにいえば、五輪の開催時期は、同年に1度 の不動産価格サイクルの次のピークにもあたり、あらゆる条件からみて、今後し ばらく東京の不動産の価格が上昇すると考えられます。投資のタイミングとしてはまさに今が絶好期です。金融市場に投入されていた資金が不動産市場へ流入して世界的な活況を呈していることに加え、日本ではアベノミクスによる株高、景気浮揚と、 2020年の東京オリンピックへ向けての特需もあり、不動産への期待が高まっているからです。

問題はひとつ。どんな不動産に投資するか、ということです。中古マンションは価格変動が少なく、バブル崩壊以降も安定した賃料収入を維持してきました。ただし中古マンションであればなんでも良いというわけではありません。数ある中古マンションの中から競争を勝ち抜いていける不動産を選ばなくてはいけません。そのために現在たくさんの不動産投資セミナーが開催されています。

では、競争に勝てる不動産とは何か。入居者が主役となれる不動産です。今までは投資家の経済効率だけを優先していた結果、入居者が置き去りにされていたのが不動産投資業界でした。しかし、これからは入居者に満足度の高い住環境を提供することで、投資家に長期間の安定した賃料収入を確保する時代です。リノベ ーションによって魅力を高めた中古マンション、これがこれから主流となる不動産投資です。 昨今、中古マンションのリノベーシヨンを手掛ける会社は多く存在するようになりました。とこ ろがリノベ ーションを使った不動産投資で成果を上げている会社はほとんどあり ません。良いリノベ ーション物件をつくることができるということと、リノベ ーション物件で良い不動産経営を実践するということには、大きな違いがあります。 投資においてはリノべ ーションを超えた、全く違う発想が必要になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *