退職後を見据えての貯蓄が重要

サラリーマンとして働いている方の場合、働いている間は一定の収入がありますが、退職後はそれがなくなってしまうこととなります。
もちろん在職中に年金をしっかり払っておられる方であれば、老後は年金をもらうことが可能となりますが……昨今のデータを見るに、年金だけで暮らしていくというのはなかなか難しいものがあるでしょう。
日本においてゆとりある生活を送るためには、年金のみでは到底足りうるものではないからです。

また退職する年齢によっては、退職してから年金をもらいはじめるまでに何年か誤差が発生することとなります。
その場合、その何年かは無収入となりますので、それをふまえても多少は貯蓄をしておかないといけません。

こういった状況を考えると、老後に備えての貯蓄が重要だといえます。
もしくは老後も年金以外に収入を得る手段が必要だということになるでしょう。
とはいえ高齢になってから働き続けるというのは、肉体的にも厳しくなります。
そこで、まだ体が元気なうちから本業と並行して不動産投資を行っておくことで、老後のための貯蓄を早めに行ったり、老後も安定した収入を得たりすることができるようになるかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*